読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢日記

見た夢を書くよ

フリゲと鳥と逃げる私とベランダからの監視


14日あたりの夢

パステル調の色合いで粒の大きいドットが特徴的なフリゲを白い服を着た長髪の女の子とプレイしている。

クライマックスのところで私が好きな青い髪の女の子と紫の髪の女の子が草原のところで抱き合い、青い髪の女の子が自分の罪を告白する。そして星空が映し出されEND。

は????納得いかないんだけどどういうこと?え????って泣きながら白い服の女の子に聞くも、ENDに納得しているようで満足げ。



15日あたりの夢

家にいるのがあまりにも寂しすぎたので、昔飼っていたセキセイにそっくりな子を買い 自分の部屋で育てることにした。手乗りで可愛い。

そうすると勝手に部屋に入ってきた母親が、飼ったんだ〜〜💓などと言いながら手にはシジュウカラを持っていて 籠を部屋に置きそのまま部屋から出る。

シジュウカラは人に慣れていなく、ずっと左側の隅にいるので餌だけ交換してあげようとするとシーンが変わる。

セキセイと私が見知らぬ街で誰かに追われていて、迷いの森のような道のりにあるトイレで身を潜めている。 トイレには帽子をかぶった小柄な男もいて、逃げるアドバイスをくれる。

しばらくすると居場所がバレてしまい、トイレの窓から逃げるとサイレンのようなもので名前を呼ばれ、街の人たちがざわつく。

汚いラーメン屋の横にある電信柱の裏に隠れたら 大きなバイクの後ろに乗った 私達を追ってる奴が来て腕を掴まれる。思い切り抵抗しなんとか逃げられたが、バイクを運転していた人がアドバイスをくれた帽子をかぶった男だったので 凄く悲しくなる。 森の中の結婚式場のようなところで身をひそめることにした。



16日の夢

ものだらけのベランダを部屋から眺めている。なぜか外には出れないらしく、誰かものを片付けてくれないかなぁとぼんやり考える。

やらなくちゃいけないことがあるようで、作業しようと机に座ろうとすると 隣の部屋から来たであろう男がベランダからこちらを見ている。 薄いカーテンが外側からかかってるのだが、それをめくって私を見ている。

そいつが大嫌いで一気に気持ち悪くなる。そこで、夢だと気づく。なんで夢にまで出てくるの。と思いながら大きな声を出そうとするも掠れた声しか出ない。悔しくて泣く。